日常とプロフェッショナリズム  夢リッチと夢貧乏

LINEで送る
Pocket

自由創造人のSHOW GO! が もう二極化 は始まっているなと強く感じながら正午をお知らせします。

 

 

実は昨日が新年です。

 

ご存知でしたでしょうか?

 

昨日が運勢が変わる日だったのです。

10年10月10日のサイクルで運勢が変わるのですが、それも10分割できます。

簡単に形容するなら1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 と形容できるのですが、私は運勢が

2 1 4 3 6 5 8 7 0 9  の順番で変わります。

 

 

詳細はそれこそ「帝王学」ですので、今後展開していきますが(成功者と呼ばれる人は、必ず得ている知識です) 今は簡単に。

 

私の今年の運勢は実は、3。

 

人気が出始める年なんですね😄

 

お面白いことに夢リッチの本部3人はこのタイムフローと呼ばれる「運勢の流れ」がバッチシ一緒なんです。

 

これはかなりの確率で、一緒になんかならない。

 

すごい巡り合わせなのですが、何を言いたいかというと、、、

 

今、夢リッチと一緒に活動されるとものすご ついてまっせ  ってことなんです。

 

(雑w)

 

 

2016年は私の中で「別れの年」と形容してきました。

 

小山さんとゆきこさんが躍起になっていますが😄 夢リッチジャパンは猫の手も借りたいほど、作業量が多いです。

そら、、、オフィスに泊まりこまないとやっていけないわ☺️  と誰もがわかるくらいの作業量をこなしています。

 

運勢の流れは目に見えないですが、何回もお伝えしているように目に見えない世界の方が目に見える世界よりも大きいです。

 

別れの年 と言いましたが、私たちとは離れる人の共通項が、その目に見えない世界を「信じない」人たちです。

そして、もう一つの共通項が

「ネガティブ」な人たちです。

 

今、小山さんが東京に来ていて一緒に生活しているのですが、まーーどうしてこんなにもというくらいポジティブです。

ポジティブを通り越して、もうその「周波数」です。

 

例えば、

 

今日はビデオ撮影をしようと外に出ようとしたのですが、予定を変更して我々の

「アジト」(近日公開)

で撮影をしようということになりました。

 

すると、小山さんは

え? じゃ、今日は1日、デスクワークできるんですか?!」

 

という反応でした。

 

我々、、、デスクワークを4日連続でオフィスに泊まり込んでしているんですよ? ☺️

 

なんというか、、、起こること、起こることに対して、常に前向きに捉えるんです。

前向きにしか捉えられないというか。

そういう小山さん自身なのです。

 

いわゆる、「成功脳」なのです。

 

成功するしかないようにしてるんです。

 

日常に起こる全てのことを成功にしか結び付けないように、脳が出来上がっているので、もう成功するしかないんです。

 

それに反して、離れていく人は

 

自分の小さい世界の中で、2000ビット以外の巷に溢れている情報を鵜呑みにして、ブレブレになりながら、フラフラして、頭の中が透けて見えるほど、軽薄なんです。

なぜか? ネガティブだからですね、リスクヘッジもできていないからです。

 

 

リスクヘッジできていない人がいるな=全く持って考えていないんだろうな。。。というのをまたまた感じたのが、今日の朝の出来事。

 

私と食事に行く人はご存知かと思いますが、人間には「承認の欲求」が存在するため、ウェイターさん、ウェイトレスさんの名札を見て名前を呼んで、その人のオススメ商品を聞きます。

(これも情報をその人が取っているかどうかを見る行為なのですが、そこは詳しくは書かないです。 以前書いたかな。。。。)

すると、必ずと言っていいほどその方は笑顔になります。

自分の存在を、「名前を呼ばれる」ことによって「承認の欲求」を満たされることになるわけです。

 

そして、例のごとく運転手さんの名前を呼びながら(笑顔になったのをチェックした後に☺️)

 

「貢さん (下の名前がその人の名前、 苗字は家の名前ですから)  このディスプレイは御社のタクシーに装備されているんですか?」

 

と聞きました。

 

 

 

すると、

 

返ってきた答えに驚愕しました。

 

 

 

「知りません」  

 

 

 

え???????

 

 

毎日タクシー乗ってるんですよね?  運転手さんは。

 

そのタクシーに装備されているものが、どんなものであるかを知らないってw  w w

 

島崎さん「なんかねー(タメ口)、毎日毎日、新しいものがはい、これねって説明もないもんだから、わかんないだよねー。」 

 

なるほど。。。。

 

この人は(島崎 貢さんは仮称です) それで、「わかんないだよねー」で終わらすことができる人なんだと。

 

要は、、何も考えてらっしゃらないということです。

 

 

この同じ材料を見て、我々はどこまで考えるか。

 

ちょっと書きます。

 

 

① ディスプレイがあるということは、広告ができる。

② お客様がずっと見ている情報であるなら、直接的に作用するのは必至。

③ 例えば、20分ずっとその情報を取得している(だって、、、動画も展開できるんですよ。 めちゃくちゃ強力な武器です)  人に対して、何かしらの方法でその人の趣味嗜好を取得して、直接、

(この人は、どこどこに向かう、体重100kgあるから、ダイエットしたい、などなど)

ダイエット法を販売することなんて、、、、朝飯前ですよね。

④あ、これはタクシー料金がタダになる。  なぜか、広告収入だけでタクシー運賃なんて賄えるからです。

⑤なるほど、、、これはディスプレイを置くことによって、アプリを取得させ、結局はビッグデータを取る過程なんだ。

⑥Googleが入ってきたら、独壇場だな。

⑦Googleはもう自動運転技術を開発してるし、TOYOTAが今、力を入れているのは自動運転技術だもんな。。。  ブレーキもセンサーが義務付けされるからなぁ。。。

⑧ なるほど、、、あ、 この運転手さん、後3年後に職がなくなるわ。。。

 

東京オリンピックが開催されるまでしか日本は成長しませんが、AIタクシーが東京には配置されます。

 

その時に、何も考えていない、情報を取らない運転手さんがずっとその職業でお金を稼ぎ続けることなんかできるでしょうか?

 

 

世の中で一番簡単な、そして冷たい思考方法は、、、

 

無関心であることですよね。

 

 

その運転手さんは自分の愛車(あてがわれているかは別問題)に入っている、お客さんへの直接的なアプローチをする超強力な武器に対して、知ろうともしない無関心な訳です。 

 

そして、そういう運転手さんに共通することがあります。

「運転が下手」

アクセルワークがまず、一定でないんです。

お客さんは酔う。

プロフェッショナリズムが一切ないから、運転が下手でも「構わない」わけです。

自分の食い扶持である運転技術も疎かにできるわけです。

 

 

3年後にはそのディスプレイに自分の仕事が完全に奪われるとも知らずに。

 

 

 

マジで目を覚ませw

 

 

情報を取るとは自分が生きるか死ぬかだということをこの文章を読んでいる人は気づいていただいていると思います。

 

 

 

だから!!

 

夢リッチは最先端ですよw

 

目に見えない世界を大事に大事にしているからこそ、目に見える世界の情報は最先端に取得して、吟味して、査定して、噛み砕いて、広めている我々と一緒に行動しない人は、、、、

 

稼げませんって😀

 

 

 

 

 

 

貢さん「あ、そうやって使うんだ?  お客さん、初めてこれ使ったお客さんだよ」

 

 

小山、SHOWGO「最先端ですから😀」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



PS:
あなたも夢リッチジャパンメルマガに登録しませんか?
メルマガでは夢を叶えるリッチでカッコいい大人になるために、
お金を稼ぐための超最新情報をお届けします。いますぐに無料登録しよう!



パソコンでご覧の方は、
スマホのLINEアプリを開き
QRコードを読み込むか、
ID検索で友だち追加をお願いします。

「@yumerichjp」← @マークを入れて検索してくださいね!
スマホでご覧の方はこちらを直接クリックしてください
>>夢リッチジャパンLINE@登録はこちら(無料)<<
友だち追加数

LINEをされていない方は、以下からどうぞ。
>>夢リッチジャパンメルマガ登録はこちら(無料)<<
mail
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

グローバルアフィリエイターYuuki

最新記事 by グローバルアフィリエイターYuuki (全て見る)

日常とプロフェッショナリズム  夢リッチと夢貧乏」への1件のフィードバック

  1. 加賀谷 いちこ

    しょーごさん、小山さん、ゆきさんに、
    追ていきたぁーい!
    あぁ、タクシーの運ちゃんみたいに
    無関心では、無いけど、、、
    海の中の、塩アレルギー状態に、悩む、、、
    (^◇^;)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です